【追加講演】

世界トップレベルの教育について語ろう

〜フィンランド&熊本〜


たくさんの方のお越し頂きましてありがとうございました。

 6月17日は超満員でした! 大好評につき、7月15日に追加講演を企画しました。前回のイベントをベースにしておりますが今回しか出ない話も、あれこれあると思います

 7月15日の追加講演も満席となりました。 また9月に開催することを計画しています。後日ご案内させていただきます。

画像の説明

画像の説明

 こんな方にオススメです

  • 自分の子どもにより合ったより良い環境で教育を受けさせたい方
  • 学校の先生、塾の先生をはじめ保護者の方など日常的に子どもたちと関わりがある方
  • フィンランド教育について興味がある方
  • これから必要な教育や学力とは何か? を、教育に興味がある方たちと共に考えたい方

 ぜひ、これからの子どものためにご利用していただけたら幸いです!

これから必要な教育が何なのか?

 子どもに合った環境で教育を受けさせたいそう思っているあなたに。

 一人一人の個性に寄り添い確かな「学力」をつけるフィンランドの教育とそれを日本で実現する学校教師の「幸せな未来を築く力」を身につける教育の話を聴きに来ませんか?

 1人目の講師はフィンランド教育見学ツアー主催の高坂翔輔(通称:たかさん)、元塾講師。

 子供たちがこれからを生きる上で模範解答がない問題や課題に対して自ら考えて、答えを出す力を養えるような授業スタイルとは何か?を、ずっと模索してきたところ出会ったのが、フィンランドの教育と質問力を磨くこと。

 一人一人の個性に寄り添い決して詰め込みではないプロセスを大切にする教育をする。

 だけど、学力は世界トップクラス。

 そんなフィンランドの教育を民間人が見学できるツアーを自分で開催するほどに参考にしたい教育スタイル。

 今回の講座では、フィンランドの教育から考える「学校とは?」を共に考える時間を作ります。

 2人目の講師は熊本市内の公立中学校教師、田上善浩(通称:善さん)

 善さんは公立の中学校で自主性を重視した教育を長年追求しフィンランド教育見学を主催するたかさんが「日本の教師で、しかも公立の中学校教師でこんな授業を展開しているのか!!!」と叫んだ、奇跡の教師。

 日本の学校でどんな教育ができるのかそして、これから必要になるオルタナティブな教育とは何か?を善さんが語ります。

 そして、そんな2人の対談時間も準備しています。

 日本で必要な、理想の教育をインタラクティブにとことん語り尽くそう!という、今回のイベントです。


「スーパー教育対談@熊本(追加講演)」

日時: 7月15日(土)14時〜17時
(次回は9月を予定しています)

会場: 熊本市立体育館内青年会館
(9月の会場は後日お知らせいたします)

お子様連れの方へのご案内(託児スペースのご利用について)

 
 会場の規定により、今回のセミナー会場へのお子様のご入場を制限させていただく必要がございます。本来であれば、親子で同じ空間に居れたらと考えておりましたが、法令遵守の下、セミナーを進めさせていただきたくご理解のほど、よろしくお願いいたします。
 
 当日は、同会場別室にて託児スペースを用意しておりますのでご希望の場合は、申込フォームにて託児希望のご選択をお願いいたします。


 高さんは、「魔法の質問」のカリスマコーチ

 フィンランドの教育で、テレビ局から問い合わせが来るほどなんですが、高さんが80分間の5日間レッスンをやると

「え、うちの子が自分から家で勉強を⁉︎」というシーンがあったそうです。

 子どもの(大人も)やる気を引き出す「魔法の質問」ちょっぴりご参加の方々も体験できるといいですね(^ ^)。

高さんよりのメッセージ

 ご縁ありまして、善さんと共に登壇させていただきます、高坂翔輔(たかさかようすけ)と申します。

 「フィンランド」と「質問力」についてとても興味があり、日頃から研究していて直近3年間は、フィンランドの教育を見学できるツアーを主催しております。

 20代のころは、学習塾で講師をしておりました。
 
 元々は、中学校の社会科教師を目指していたので大学は教育学部の出身です。
 
 さまざまな経験を経て、こどもたちに一方的に教えるのではなく引き出す教育を追求したいと突き詰めていったところたどり着いた先が

 「フィンランドの教育」と「質問力を磨く」ことでした。
 
 これらを追求していくと「フィンランドだからこそできている教育」という部分ももちろんありますが、「フィンランドじゃなくでもできる教育の要素」も、同時にたくさんわかりました。それに気づいた者として、こどもたちに関わる方たちに、何かヒントとなるものがあればと思い、さまざまなカタチでお伝えしています。
 
 学ぶことはたのしいことで、学ぶことで人生が豊かになるということを、ひとりでも多くの人が実感できたらいいなと思っています。
 
 さて、今回善さんとコラボということで登壇させていただくわけですが、その「フィンランドじゃなくでもできる教育の要素」を、考えたり話し合ったりできる機会をセミナーの時間でつくります。何かひとつでも、日常生活や、こどもたちと関わる上でのヒントとしてお持ち帰りいただけるように、そして考えること話し合うことを通した学びがたのしいんだと、思っていただける時間にしたいなと思っています^ ^
 
 当日、お会いできるのを今からとてもたのしみにしております!
 
 高坂翔輔(たかさかようすけ)
 https://www.facebook.com/yohsuketakasaka
 *友達申請は、お気軽に!

高さん(高坂 翔輔さん)のプロフィール

  • かもめ大学学長
  • 1981年生まれ、神奈川県育ち。
  • 東京学芸大学教育学部卒。大学卒業後は、教え込む教育よりも引き出す教育を目指し、(株)湘南ゼミナールに入社し、塾講師として活動。3年間、集団授業(数学・社会)を担当し、5年間、個別指導部門の立ち上げ・運営、ならびに人事(新卒・中途採用)に携わり、2014年4月に同社退職・独立。
  • 引き出す教育を目指し、質問家・マツダミヒロ氏主宰の「魔法の質問認定講師」として、企業研修(講師・研修プロデュース)、学習塾コンサルティング、学校への出張授業など、教育分野を中心に幅広く活動中。同時に「かもめ大学」を立ち上げ、フィンランドの教育を見学・生活を体験できるスタディツアーを主催。企画から集客、アテンドまで自ら携わっている。ツアーは、毎回満員。
  • 民間人レベルでの、国際交流の発展のために、日本からフィンランドへ、フィンランドから日本へ。お互い違うからこそ、違いを認めた上で、学んだ要素を取り入れる機会や、商品・サービスの提供。
  • 「現代における生きる力とは何か?」という問いの下、時代や環境にあわせた「いつでも・どこでも・だれでも」学べる機会を提供し続けることがミッション。