WING日記

BLOG

4

子どもの問題行動は適応行動

未分類

 

「子どもの問題行動は、適応行動である」という言葉があります。

子どもの「問題」とされている行動は、その子なりの「適応」なのである、という意味です。

「ウソつきの子」なのではなく、「ウソをついて自分を守らなければいけない」。

「乱暴な子」なのではなく、「自分の気持ちを言葉にすることができない」。

「目立ちたがりな子」なのではなく、「目立つことでしか見てもらえない」。

どんなに問題だと思われる行動でも、生き残るためにしている適応なのであって、本人は悲しみを抱えながらそうしている。

それが、「子どもの問題行動は、適応行動である」という言葉の意味です。

WINGの5年間は、この言葉の大切さを教えてくれる日々でした。

「この子は、とんでもない悪さをしでかしますよ!」と言われていた子が、その子なりの悲しみを抱えていました。

Aさんは、そんな子の一人でした。

同級生に暴言をいい、配られたプリントはビリビリに破き、注意した教師に暴力を振るう。

そんな状態で学校に行かなくなり、親の勧めでWINGに来ることになりました。

最初は楽しく過ごしていましたが、やはりトラブルが起きてきます。

言い合い、ケンカ、ルールの逸脱…

日に何度もトラブルを起こすAさんは、悩みの種でした。

ある日、クラスメイトを殴って泣かせてしまったAさんに「どうしてなぐったの?」と聞きました。

すると、Aさんは「言いたくない」とこたえました。

キッとこちらを睨み、固く心を閉ざしている様子でした。

「何か理由があったはずだろ?それを教えてくれよ」というと、Aさんはふっと目をそらして、

「やだよ。だって、俺が言っても誰も信じてくれないじゃん」と、静かに言いました。

その時のAさんの悲しそうな顔は、今でも忘れられません。

きっと、「他人を信じたら大変な目に遭う」と思わざるを得ない、つらい過去があったのでしょう。

誰にも信じてもらえず、反発しながら生きてくるしかなかったAさんの苦しみが感じられて、胸が痛くなりました。

この子もまた、悲しい子でした。

「子どもの問題行動は、適応行動である」

Aさんの「問題」とされている行動は、Aさんなりの「適応」でした。

もちろん、だからといってその行動が許されるわけではありません。

どうしていけばいいのか、子どもと一緒に考えます。

しかし、その時に、「この子もまた、悲しみを抱えている」という考えがあると、関わり方が違ってきます。

「あの子はとんでもないヤツだ」「厄介な子だ」「どうしようもない」と考えてしまいたくなる心は、いつだってあります。

そんな時に「この子は、なぜそうせざるを得ないのだろうか?」と考え、子どもを敵としてではなく、困っている友としてみることが、現実を変えていくのかもしれませんね。

(文責 スミス)

そのほかの日記

Facebook

応援をお願い致します。

PAGE TOP